トップページご挨拶活動趣旨

活動趣旨 : 目的とテーマ

全国食育推進研究会の目的

【1】健全な「心とからだ」の育成

私たち全国食育推進研究会は、「食」を通じたこころとからだの健康や、我国の食文化についての研究を行い、その成果を学校・家庭・地域での学習を通して普及することを目的としています。
また「食育」を義務教育の一つの科目としてとらえるのではなく、食育の現場に関係するすべての教職員・全国民・社会の食育に対する真摯なエネルギーを啓発し、日本の将来を担う児童たちなどの「こころとからだ」の健全な育成を計るための研究機関を目指します。

【2】省庁・企業との連携

食に関係のある各省庁・民間企業と提携し、地域文化活動や地域産業振興の一環として活動を展開し、地域の発展にも寄与できる団体でありたいと考えています。

 

3つの活動テーマ

私たちは、以上の目的を達成するために、以下の3点を重点的に行っていきます。

【1】食育の重要性と全国食育推進研究会の重点

「こころとからだの健康を維持する」ための「食育」の実践活動の展開。

【2】ネットワークづくり

教師、小児科医師、歯科医師、歯科衛生士、栄養士、スポーツ医学ドクターなど、さまざまな専門家による食育活動の展開。

【3】コンテンツづくり

食育推進のための授業づくりと実践・副教材、書籍づくり、各種セミナーの開催、また学校、家庭、地域行政、関連企業、関連省庁の食育活動を定着させるための環境づくりの推進。

研究会規約(220KB)

ページトップへ