トップページご挨拶食育とは

食育とは : 私たちが考える食育

食育は元来、家庭において自然に行われてきたものでした。家庭で親と子どもが一緒に食事をするということは、栄養バランスのよい食事を食べて健康を保つというだけでなく、親が子どもにしつけをするという教育の場でもあり、子どもが今日の出来事を話すといったコミュニケーションの場でもあったのです。いわば食事の時間は、「人間育成」の場であったといってもよいでしょう。

近年、価値観、ニーズ、ライフスタイルなどの変化に伴って、食環境や食生活も大きく変わりました。不規則な食事や、栄養の偏りが多く見られるようになり、食卓でも親子のコミュニケーションが失われ、子どもたちの「孤食」が当たり前のようになっています。さらに最近では、食の安全も揺らぎ始めました。こういった食の意識の低下は、子どもたちの体だけでなく、心の健康にも確実に影響していると考えます。ここ数年で急増している深刻な事件などと食生活の変化は無縁だとは思えません。

2005年に食育基本法が成立したことで、食育が義務教育化し、教師たちが教室で食の大切さを子どもたちに伝える重責を担うことになりました。
カロリー、ホルモン、ビタミンといった栄養学、食の安全といった保健衛生学なども食育の一つです。そして、たとえば「よく噛んで食べる(咀嚼する)ことは、脳を刺激し、満腹中枢を活性化し、肥満を防止するだけでなく、記憶力、思考力、運動能力、感性などを向上させる」、というように「食の知識」を理解し、実践させることも食育です。

私たちが目指す食育は、上記に加えて、教室で教師と子どもたちが一緒に給食を食べることでかつての家庭のような「団らん」を作り出し、子どもたちの心と体の健康を守りながら、健やかな「人間育成」を促すことです。さらに、教室で培った食育を家庭へと戻し、元来の家庭での「食の再生」のきっかけを作ること、また地域へとその輪を広げ、食を通じて人間形成を喚起することで、社会全体をプラスに引き上げることが、私たちが目標とする最終的な「食育」です。

● 私たちの「食育」のイメージ

私たちの「食育」のイメージ

拡大ボタン

ページトップへ